【4年の12月に再出発!】早期内定獲得も就活再開でベンチャーへ。

坂本 康平さん

【4年の12月に再出発!】早期内定獲得も就活再開でベンチャーへ。

年末に就活を再開、1ヶ月で自分に合う企業と出会い入社を決意。どのような想いで決断し、短期間で素敵な企業に出会えたのか聞いてみました!

2017/6/14 後期就活インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

周りに流されず自分らしく就活。

就職活動はいつ頃していましたか?

大学3年の12月に始めました。4月までに複数社から内定をもらい、1度就活を終えましたが、人材会社に行きたいとおもい、大学4年の12月から就活を再開しました。その後、1か月間、就活をして今の会社から内定をいただきました。

そういう経緯がある方って結構珍しいですよね。坂本くんはどんな就活をしていたんですか?

私は、就活生なら誰もが知っているような大手ナビサイトは一切使いませんでした。主に、逆求人サイトや紹介会社を使って就活をしていました。

そうなんですね。それはどうしてですか?

それは、無駄にエントリーシートやグループ面接をやりたくなく、個別面接や特別フローなど効率的に就活を行いたかったからです。逆求人サイトや紹介会社経由だと、人事の人からのFBやなぜ私をスカウトしてくれたのかが明確にわかるので、別の企業を受ける際にも役立てることもできました。

なるほど!たしかに効率的で、しかも自分へのフィードバックももらえるという点でもメリットがありますね。実際にそのやり方で上手くいきましたか?

そうですね。そのやり方で就活した結果、早期の段階で5社以上の内定をもらい、自分で選び放題でした。そのうち一つの企業で内定者インターンとして毎日働くことになり、インターン中に先輩の営業同行をしたり、一人で営業に行ったり、さらにお客様も数社担当させていただきました。

実際に働いてみて、改めて考え直した。

そうだったんですか!それはすごいですね。でも、どうしてその会社を辞退して就活を再開したんですか?

そのインターンでお客様とお話する中で企業様は本当に採用に困っている、とくに新卒採用に課題をもっているということを現場レベルで初めて実感しました。そこでその課題を解決できる企業に入社したいと思うようになり、大学4年の12月に就活を再開しようと思ったんです。

再開してからはどのようなツールを使って就活をしましたか?

どこで知ったのかは忘れてしまったんですが、後期就活ナビを活用していました。

どうして今の会社に就職を決めたのですか?

内定者インターンでの営業で実際に感じた企業の経営課題を、ここでなら解決できると直感したからです。また、新卒採用のマーケットを大きく変えられる会社だと思いました。少し具体的に言うと、大手就職ナビサイトを中心に就活する学生と採用する企業、こういう新卒採用のやり方が一般的になっている結果としての「就職できない学生が毎年3割いるのにも関わらず採用できていない企業が存在する」という矛盾を解消できる企業であり、かつその課題解決に向けて取り組んでいる会社だったので、入社を決めました。


なるほど!ありがとうございます。では、後期就活ならではの難しさや大変だったことを教えてください!

後期になればなるほど、採用活動を終える企業が増えていき、「行きたいと思えるかどうか」という観点での企業の質も落ちていきます。でも、学生が知らない企業で、かつ優良企業は世の中にたくさん存在しています。この状況での就活は、いかに自分に合っている企業、自分を求めている企業を効率的に見つけられるのかが重要なので、大手ナビサイトだけで就活を続けるのは危険だし、すごい労力がかかります。しかし、必ず自分を求めている企業はあるのであきらめず、取り組んでください。

説得力がありますね。優良企業もたくさんあるとはいえ、やはり、多少の難しさは後期就活にはあるんですね。では最後に、これからも就活を頑張る後輩たちにメッセージをお願いします!

6月以降になると、周りの友達も複数社から内定をもっていたりする状況が多々あり、正直焦ると思います。しかし、内定をもらうのがゴールではなく、本気で入社したいと思える企業に4月から入社することが重要です。周りに流されず、将来を見据えて就活してください。しかし、活用するツールはしっかり自分の状況に合うものを考えた方がいいと思います。自分に合うツールを使って、自分に合ういい会社を見つけてください。


森田

書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事